子供の包茎手術は可能?

何歳から手術・治療は出来るのでしょうか?

お子さんに面と向かって包茎ではと告げることで、お子さんの精神的な負担を強いてしまうかもしれません。
そこで子どもの包茎についてここでは考えてみます。

子供のころの症状

そもそも包茎について考えてみると、お子さんが小さな時には全員が真性包茎です。
これは性器そのものが育っていないということが原因であり、特に何かしら問題があるわけではありません。
お子さんが中学生に入り、第二次性徴を迎えることになると、だんだんと男性らしい成長を行っていきます。

この時に男性器も大きく発育しますので、成長期が続く間は包茎であったとしても特に問題はないでしょう。
しかし、10代の後半となっても真性包茎のままであったりすると、少し注意しておいた方が良いかもしれません。
いきなり包茎手術とまではいかなくても、自分で包皮をむくというくらいは教えた方が良いでしょう。


成長期に気を付ける事
真性包茎のまま成長期を超えてしまうと、包皮が亀頭の成長を阻害してしまうことがあるので、その点もしっかりと考慮しておかないといけません。
また、仮性包茎の場合であっても、包皮をむいて清潔にするということを教えておかないと、包皮炎や亀頭炎などの炎症を発症してしまうことがあるので、その点も注意しておきましょう。
基本的に成長期にある間はそこまで敏感になることもないのですが、小さな時ほど無関心でいるということはできないのも事実です。
→治療に関するQA

未成年は断られる?
包茎手術を受けるにしても、基本的に未成年の場合は断られることが多いのはそこに起因しています。
適切な処置さえしていれば、手術を受けるまでもなく、包茎を解消することもできるので、心配であるのなら相談をしに行っても良いでしょう。
また、仮性包茎である場合は必ずしも手術が必要ではないことも理解しておいてください。
真性包茎、カントン包茎は治療をしなくてはいけませんが、仮性包茎の場合は清潔に保ってさえいれば問題ありませんので、その点もしっかりと教えてあげると良いでしょう。

子供の包茎手術にはABCクリニックに関しても質問などしてみてはいかがでしょうか?
プロのお医者さんが相談に乗ってくれます。まずは相談してみてはいかがでしょうか?
→愛知県名古屋市の包茎手術病院・クリニック



fx 為替
ページランク表示
エステティックサロン